【返品種別A】
□「返品種別」について詳しく□
2020年02月 発売

メーカー保証期間 2年


ノーメッキ特有のソフトな打感。

バンカーでもフェースを開かないゴルファー、フェースを開いて打つことが苦手なゴルファーが、これまでのドルフィンウェッジよりも更に「バンカーからラクに脱出できるウェッジ」をコンセプトに開発。
ドルフィンウェッジがこれまで着目してきたソール形状に、更なるやさしさ、抜けの良さ、操作性を追求しました。

【クアッドソール】
【潜らない】ソールから、【潜らない×刺さらない】ソールへ

◆トゥ:カットヘッド
不要な抵抗を無くすためバンスをカット。

◆センター:ヤマガタソール
リーディングエッジの浮きを抑えながらバンス角を付ける山型の形状。
芝や砂に刺さることを防ぐ。

◆ヒール:ヒールフィン
独得な形状がエクスプロージョンショット時に砂に潜ることを防ぐ。
ソールからネックにかけて滑らかにする事で抜けの良さも向上。



【クアッドソール採用の新セミグースネックモデル】
DW-120Gはリーディングエッジをストレートネック(DW-118)に比べて3.5mm後方にセッティング。
球をはこぶイメージで打て、ボールがつかまりやすい設計。
また、単にグースネックにしただけでなく、グースネックにありがちなザックリミスもバンス角を適正にすることで解消しています。


◆新構造 ヒールグルーブ
打点バラツキによるヘッドのブレを軽減し、ミスショット時の打球の左右への方向安定性を追求。

ヒール側の重量を抑えトゥ側に重量配分する事で、重心位置と打点位置を近付けている。
インパクト時の力をより効率的にボールへ与えるとともに、 打点のバラつきによるヘッドのブレが少なくなり、打球の左右への方向安定性が向上。

【番手別逆さ富士設計/ファインループミーリング】

◆番手別逆さ富士溝設計
番手別にエッジのRの大きさを変化させた逆さ富士型溝を採用し、求められるショットに応じた最適なスピン性能を発揮。
さらに、リーディングエッジ近くまで最大本数(メーカー比)入れることで、スピン性能を高めた。

◆ファインループミーリング

フェース表面を精密にミーリングすることでフェース面の平滑度が高まりショットが安定。



■ 仕 様 ■

※2010年新しい溝の規則に適合
※日本製
[DW120GBNSNEOR58]

キャスコ




(※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)。

GLOBBER グロッバー ULTIMUM アルティマム スカイブルー WLGB612101

ページの先頭へ